通勤の悩みを語る重森弘充さん

電車通勤をしている重森弘充さんは、悩みが絶えないそうで、色々話しを聞いています。
よく登場するのが、寝過ごした。です。始発駅らしく、乗るのは良いのですが、途中駅で降りるため、時々寝過ごしてしまうそうです。
他にも、雨の日は決まって電車が遅れることや、帰りに座れないなどの悩みが多いそうです。
運よく帰りに座れたときも、安心感からか眠ってしまい、終点で駅員さんに起こされることも重森弘充さんは経験しているみたいです。
最近は減ったそうですが、重森弘充さんは昔、車で移動中も直ぐに眠ってしまうらしくて、助手席ではなく後ろの席に座るようにしていると聞きました。
座席の背もたれの隙間に頭がフィットするらしく、振動する場所でも心地よく眠れると、眠り方を教わってしまいました。

私は車にあまり乗らないので分かりませんが、乗る機会がある人はぜひ、重森弘充さんから聞いた頭がピッタリフィットする隙間を探してみてはいかがでしょうか。
心地よく眠れるかもしれません。